英語・英会話

【バイリンガル】幼少期から英語を覚えるのは大丈夫なの?!

バイリンガル

お子様が将来グローバル社会の中で活躍するには、世界の共通語の英語が必須となってきます。
将来に向けてバイリンガルに育てたいと思っている親御様は多いと思います。

バイリンガルに育てるには、幼少期から英語を学ぶことが(触れ合う)効果的と言われています。
ですが、幼少期から英語を学ぶことに対して、下記の理由から心配に思っている親御様もいるのではないでしょうか。

・まだ日本語も話せないのに英語を覚えると混乱しないの?
・日本語を話すのが遅くならないの?

初めての子育てなので、親御様は不安に思うことが多いと思います。
幼少期から英語を学ぶことについて、一つひとつ一緒に確認していきましょう!

バイリンガルとは

バイリンガル

2つの言語を話せることをバイリンガルと言います。

辞書で調べると
・2か国語を母語として話すこと
・2つの言語で話せる能力を持つ人
などと出てきます。

このページでは、日本語と英語の2つの言語のことでお話ししていきます!

なぜ英語は幼少期に学ぶのが良いの?

幼少期

赤ちゃんはおなかの中にいるときから、聴覚が発達しているのでお母さんを通して色々な音や言葉を聴いています。

色々な音や言葉を吸収してだんだん言葉になっていきます。

もっとも吸収するタイミングを「耳の黄金期」と言います。

「耳の黄金期」にどれだけ英語と触れ合い「英語耳」を作るかが、将来の英語力にもつながってきますので、幼少期が最も適していると言われています。

耳の黄金期に日本語と英語を実施しても大丈夫なの?

耳の黄金期

赤ちゃんに、これが日本語で、これが英語などの区別はありません。
耳で聞いたとおりにお話ししようと頑張っています。

英語を学ぶというより、普段の生活やお遊びから英語の音や言葉を聞いて吸収して喋ろうとしているので、日本語の覚える邪魔になったり、日本語が覚えられなかったりなどの心配はないのです。

赤ちゃんにとっては、日本語も英語も言葉というより音に近いかも知れませんね。

小学校から英語を始めるのはダメなの?

小学生

ダメではないのですが、小学生から英語を覚えるのはとても大変になります。

理由は幾つかあります。
・英語は日本語にない音がある
・日本語と英語の母音の数が違う
・日本語と英語の発音が違う
・日本語から英語への変換となる(りんご→apple)

理由を幾つか記載していますが、ほとんどが音の問題になります。
耳の黄金期を過ぎた後は、小学生でも中学生でも大人でも一緒です。
英語が苦手だと思ってしまう理由のほとんどが音なのです。

英語を楽しく学ぶことが出来るように幼少期から楽しみながら英語と触れ合うことをおすすめします!

まとめ

将来はグローバル社会と言われいるので、文部科学省も小学生から英語を必須授業にしたり日本全体で対策を実施しております。

幼少期に英語と触れ合う重要性が高まってきていますので、将来のお子様のために英語の環境を用意してあげて下さい!


 

楽しく英語学習